所得税改革、自分は関係なさそうだ?

===
所得税改革、21年以降も
労働市場変化に対応
与党税制大綱原案
===

用語

  • 大綱
    • 事柄の根本となる枠組み
  • 所得税改革
  • 控除
    • 本来支払うべき税額から若干無税できる金額
  • 基礎控除
    • 所得控除のように一定の要件に該当する場合に控除するというものではなく、一律に適用される

No.1199 基礎控除|所得税|国税庁

  • 給与所得控除
    • 給与所得 = 給与収入 - 給与所得控除
    • 給与所得から所得税は計算される?
    • 収入に応じた控除額は以下から見れる

No.1410 給与所得控除|税について調べる|国税庁


まとめ

  • 2018年度与党税制改正大綱の原案が明らかに
  • 年収850万超の会社員を増税する
  • 誰もが使える基礎控除10万円増やし、会社員向けの給与所得控除を850万円以下は10万円減らす
  • 法人税は賃上げや生産性向上を実現した企業に手厚くする
    • 平均給与を前年度より3%以上増やし、国内の設備投資などを増やした大企業には賃上げ総額の最大20%を法人税額から差し引く
  • 国際観光旅客税の新設し、観光インフラの整備にあてる
    • 日本を出国するビジネスマンや外国人観光客から1回につき1000円徴収
  • タバコ税も増税

調査

  • 税制改正はどのくらいの頻度で実施されているのか
    • 毎年おこなれているもよう

税制改正の流れ : 財務省

    • 以下のようなスケージュルらしい
      • 12月 与党が税制改正大綱発表 -> 3月 改正法案可決 -> 4月 改正法 施行

税制改正のスケジュール | 福岡のITと飲食に強い税理士事務所

  • 国際観光旅客税とは
    • 日本からの出国時に1人1回1000円を徴収
    • 日本人・外国人を問わない
    • 航空券などの代金に上乗せして徴収
    • 2歳未満の子どもと、海外から到着して24時間以内に出国する乗り継ぎ客は除外
    • 16年の出国数約4100万人(日本人約1700万人、訪日客約2400万人)で計算すると、約410億円の財源規模

出国新税:国際観光旅客税に名称変更 19年1月7日から - 毎日新聞

  • 各国の出国税
    • これかな?

Departure tax - Wikipedia

  • 国税じゃなくて出国税なのはなんでだろ?
    • 理由はわからなかった・・・wikialien taxに関するページはなかったからDepature taxの方が一般的なのかな・・・?
  • 観光インフラの整備とは
    • 観光資源:魅力ある公的施設の大胆解放、文化財などの修理・整備、国立公園のブランド化、全国の農山漁村での農泊の推進
    • 観光産業:通訳案内士制度・ランドオペレーター規制、民泊サービスへの対応、旅館・ホテル建設の促進、地方誘客のための緊急訪日プロモーション、放送コンテンツの海外展開による日本の魅力の発信
    • 旅行者のストレス軽減:QIC施設の拡張など
    • 上記は全て以下の資料から抜粋(H28のやつだから情報古いかも)

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kanko_vision/pdf/h281227_sisaku.pdf



感想

  • こういう控除があるのか

所得金額から差し引かれる金額(所得控除)|所得税|国税庁

  • 国税ってわりと他の国導入しているし、1000円は安い方みたい
  • こんなサイトあるのね

首相官邸ホームページ

  • 観光インフラ整備については、魅力的な観光資源は山ほどあると思うから、それの広報と快適な交通とより良い体験ができる支援に力をいれるといいのかな
    • 公的施設の解放とか国立公園のブランド化とかは不要な気がしている。

元記事
www.facebook.com